小畑鍼灸院は大分県臼杵市にて開業30年。体の不調のお悩みをお気軽にご相談下さい。五十肩・冷え性・リウマチ・神経痛・腰痛・生理痛など鍼・灸で治療を行います。

  HOME > 院長プロフィール

院長プロフィール

小畑鍼灸院 院長 小畑矩胤 (おばた のりつぐ) よりご挨拶

昭和57年、郷里大分県臼杵市福良にて鍼灸院を開業し、皆様に支えられて今年で30周年を迎える事が
できました。心より感謝申し上げます。

当時は、第一次産業が盛んな頃で、腰痛、肩関節、周囲炎(五十肩)、膝関節症の方が多く、当院が丘
の上に位置し、交通の便も悪い中、 多くの方にご来院頂き、それに報えるべく、一生懸命治療に専念
させていただいて参りました。
その後手狭で、ベッド数も足りなくなり、平成2年に臼杵市港町へと移転いたしました。
治療方法はこれまでとは変わらず、患者様に主訴をお聞きし、触診・痛みの出方を確認しながら施術し、
必要な方には、低周波・可視総合光線・遠赤外線を照射しています。

昨今は現代世相の一面として、自律神経失調症・うつ病・ドライアイ・ドライマウス・喘息、免疫治療等の
継続を有する方が増えています。
一人でも多くの方に鍼・灸の有効をお知り頂きまして、症状を快然して、楽しく生活を送って下さいます
こと を願い、今後も努力し技術を高め、治療に専念させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

小畑鍼灸院 院長の写真
NPO全国鍼灸師会 九州総代 大分療教育研究会 代表
大分県臼杵市出身
臼杵高校卒業後 日本体育大学体育学科
昭和41年  社会福祉法人鉄道弘済会 日向弘済学園 体育専任指導員として就職
発達障害児を指導中に話せない子どもの体調を知ることが出来ず
指導に困窮する中で 良導絡療法 (経絡治療) 中谷養雄著に出会う
良導絡療法24穴に電気測定を行うと自律神経興奮抑制され
子供の体調を把握できると判明
昭和43年  東京良導絡研究所に入会
同時期に横浜緑十字産院にて乳児の体操指導を受講
正常児と異常児の養育法の違い (空中での動き) を解明して体育指導に導入
体育指導法がアメリカのドーマン・デラカート法の脳障害児治療法との共通点を認識
昭和48年  体育指導にドーマン・デラカート法導入のため渡米
帰国後弘済学園にて障害児にドーマン・デラカート法を導入して脳の刺激に
鍼の必要性を認識する
昭和52年  鍼灸資格取得
鉄道弘済会 日向弘済学園退職
大阪鍼灸学校臨床科受講
昭和53年  大阪にて鍼灸院開業 併行して大阪千里 平井内科医院にて施術
昭和57年  帰郷 大分県臼杵市福良にて小畑鍼灸院開業
昭和62年  ドーマン・デラカート法理論により指導・訓練を行う
社会福祉法人神戸白百合学園と提携
小畑鍼灸院に大分療教育研究会大分支部設立
ドーマン・デラカート法訓練に鍼導入
平成2年  臼杵市港町東15組に移転して現在に至る
このホームページに掲載されている文章・写真・イラスト等のすべての無断転載を固く禁じます。